FC2ブログ

かわいいこ達を紹介♪

昨日、保護犬・保護猫への支援物資募集の活動をされている
Cafe Mitsuikeさまの元に集まった、皆さまの温かいお気持ちがこもった
支援物資をお預かりし、千葉県動物愛護センター東葛飾支所に
届けてきましたっ!

    DSC_7921.jpg
    ※支援物資を呼び掛けてくださっている、Cafe Mitsuikeのオーナー M様

    DSC_8056.jpg
    ※いつもお世話になっている支所のUさん

犬猫たちの為に物資を支援くださった皆様、M様、ありがとうございますっ!

2枚目の写真に載ってる『ごま君』は、この日引き出して、預かりの
申し出てを頂いた保護主さまにお届けした仔猫さんです^^

センターからの帰りそのままお届けし、その後保護主さまが病院で
健康チェックをしたところ特に問題ないという事で、すぐに募集開始されています。
    b0377882_23451984.jpg

可愛いごま君(男の子・推定2ヵ月)の紹介記事は
   こちら ↓↓
 しじみとともだち♪season3  『新人仔猫くん』
宜しくお願いします♪



今回、支所の方で 『飼い主募集中』 の3頭のわんこに会わせて頂けました。

まずは、推定4~5歳位かな?のテリア系のとてもおとなしい可愛い女の子 男の子ですっ!
    DSC_7931.jpg
恐がりさんな面があるようで、初対面の私が頭の上や背中を撫でると全身が
ガッチガチに緊張しているのがその手を通して伝わってくるくらい・・・

でも本当は撫でてもらうのが大好きなようで、信頼しているUさんに対しては
撫でてもらうと嬉しそうな表情をし、手が離れると・・・
    DSC_7927.jpg


    DSC_7932.jpg
    DSC_7934.jpg
    DSC_7935.jpg
『もっと撫でて~~~』 と、リクエストしていました^^

でも怖がりだからと言って人馴れしないわけではなく、
少し時間が経てば私にも、
   DSC_8038.jpg
    DSC_7938.jpg
ってやってくれたので、新しいご家族にすぐ慣れそうです^^
    DSC_8025.jpg
    Fotor_156031867373635.jpg
元気いっぱいに遊ぶというよりかは、そっとそばに寄り添ってくれるタイプの
テリア系のこの子に素敵なご縁がありますようにっ!

そしてお次は、テンション高めな『リラちゃん』 推定4~5歳の女の子 (11~12kg)。
     DSC_7955.jpg
     DSC_7940.jpg
こちらのブログに以前より訪問くださっていた方はこう説明したら
おわかりいただけると思うのですが・・・
『私が大好きなテンションのわんこ』 です^^
そらっぽいというか、すこーしだけ警戒心はあるものの、基本明るくて
人が大好き、遊び大好き♪って感じの子でした^^
ちょっとちょっかい出したら、うきゃ~~~♪とテンションが上がり、
     DSC_8003.jpg
とクルクル駆け回り、そして常にニコニコ^^
     DSC_8012.jpg
     DSC_8014.jpg
     DSC_8015.jpg

※センターHP説明※
 『基本的には、人懐っこく撫でられたりすることが好きです。
  ただ臆病なところもあり、知らない場所や初対面の人が
  少し苦手です。慣れるまでにそこまで長く時間がかかるわけでは
  ないとは思いますが、寂しがりなのでなるべく長く一緒に居ることの
  できる飼い主さんをお待ちしています。』

推定5歳だけど、まだまだ仔犬のようなリラちゃんに
素敵なご縁がありますようにっ!

そして、『わかくん』 推定7~8歳の真っ白な男の子(10kg)。
     DSC_7988.jpg
3頭の中で一番人に対して警戒心がないというのか、
説明が難しいのですが、この子はこちらの様子を伺うってのがまったく
なくて、人を信頼しきってるんだなって感じました。
     DSC_7984.jpg
お散歩が大好きみたいで、私たちが近寄ると『お散歩ですか?』 と、
ぴょんぴょんジャンプっ!
家族に迎えたら、お散歩行く前は飛び出してしまわないよう注意が
必要かもしれません^^;
でも、お散歩でないとわかると落ち着いて、ニコニコ^^
     DSC_7986.jpg
     DSC_7979.jpg
     DSC_7999.jpg
帰り際振り向いたら、うつらうつらしていました。
     DSC_8054.jpg
そのお顔もまたかわいい💛
※センター説明※
 『穏やかで落ち着いた性格をしています。
  若くはないですが、その分お散歩もあまり引っ張らず
  ゆったりできます。
  抱っこされたり、抑えられたりが少し苦手なようです。』

人が大好きなわかくんに素敵なご縁がありますようにっ!

気になる子がいましたら、非公開でコメントください。
宜しくお願いしますm(__)m

Uさん、お忙しい中時間を割いて頂き本当にありがとうございました!
今後も訪問する機会がありましたら、またよろしくお願いします。

最後に今回撮った写真の中で、ちょっと悩んだけど、
でもやっぱりどうしても載せたかった私の一番お気に入りの写真を・・・
     Fotor_15603202372931.jpg
わんこ同士の 『お鼻とお鼻を合わせる』 ご挨拶。
リラちゃんがUさんにこうやって挨拶をするのは、信頼関係が築かれているからで。
U様を始めセンターの職員の皆様が日々愛情を持って収容されている犬猫たちに
接しているからこそだと思います。

最初に紹介したテリア系の男の子も、私にはすごく緊張していたけど
U様にはリラックスした表情を見せていたし・・・

センターの職員のみなさま、本当にありがとうございますっ!
スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

※6/7更新・保護出来ました【拡散希望・迷子犬】 千葉県佐倉市より 

フランくん、無事に保護されました。
ご協力いただいた皆さま、気にかけていただいた
みなさま、ありとうございました!

※※※※※※#※※※※※※※※#####※#

先日行われた千葉県動物愛護センターの譲渡会。
たくさんの子にご縁があったと喜んでいたのですが、その譲渡会当日、
譲渡されたばかりの子が脱走してしまいました。

  

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

5/18 イオンモール八千代緑が丘 PeTeMo保護犬譲渡会

5月18日 イオンモール八千代緑が丘店 PeTeMoさま、千葉県動物愛護センターの職員さま、
そしてボランティアさんの協力があり、無事保護犬譲渡会を開催する事が出来ました。
皆さま、いつも本当にありがとうございます。

今回の譲渡会はたくさんの方にご来場頂け、大盛況♪
     DSC_7661.jpg

今回は千葉県動物愛護センターから4頭、そして個人保護主さんの元から7頭、
計11頭のワンコが参加してくれました。

早速、超イケメン男子発見っ!
私の好みドンピシャっ!なラルフくん 推定7歳。
    DSC_7652.jpg

凛々しくも、優しいのが内面からあふれ出ているこの表情っ!
    DSC_7633.jpg
    DSC_7604.jpg

それでいて、傍にいくと 『あっ、良かったらお腹撫でます?』 と
    DSC_7638.jpg
ゴロンとしてくれるサービス精神も満載♪
くぅ~~~~!!!!たまらないっ!!!!あまりにも好き過ぎて、写真撮りすぎちゃった💦

ラルフくん、その魅力で素敵なご縁をがっちり掴み、新しい犬生を歩み始めています。

そしてこちらもあっと言う間にご縁を掴んだ、モモコちゃん。
    DSC_7612.jpg

そして、ずっと笑顔でご来場者さんを出迎えてくれていたこちらの3頭にも
素敵なご縁が繋がりました^^

推定6歳のキャノンくん♡
    DSC_7656.jpg
推定7歳の望未ちゃん♡
    DSC_7669.jpg
推定6歳のまろみちゃん♡
    DSC_7648.jpg
みんなみんなおめでとうっ!!!

そして、保護主さんの元、本当の家族との出逢いを待っているのは、

とっても甘えん坊、とっても元気な推定7歳のマンナちゃん。
    DSC_7647.jpg
    DSC_7678.jpg

ちょっと怖がりだけど、他のワンコは大丈夫な推定10歳の斗真くん。
    DSC_7689.jpg
    DSC_7687.jpg

ずーーーと入り口を陣取って(^m^)、全てのご来場者さんに挨拶し
看板犬の大役を果たしてくれた推定12歳のチロくん。
    DSC_7615.jpg
    DSC_7674.jpg

抱っこが大好き、超甘えん坊の推定11歳のあんこちゃん。
(保護主さんブログ 『青空☆お日さま☆笑顔』
    DSC_7608.jpg
    DSC_7599.jpg

そして、センターで出会いを待っているのは、

『そう、僕の名前はじぞうです・・・』って、もう名前が表しちゃってるくらい
穏やかで、おとなしい推定8歳のじぞうくん
    DSC_7642.jpg
いつ見ても
    DSC_7658.jpg
同じ体勢だった^^ 初めての場所、たくさんの人と犬。緊張しちゃったね。
でも、ラルフ君同様、この超イケメンな横顔っ!
    DSC_7659.jpg

そして、とっても元気でとってもフレンドリーな推定2歳のささみくん。
    DSC_7618.jpg
    DSC_7619.jpg
ささみくんはイケメンというよりかは、かわいい、だね^^
    DSC_7621.jpg

今回ご縁とはならなかったどのコもとてもかわいくて、いいコばかり。

もし気になるコがいましたら、本ブログに非公開にてコメント、
或いは kotetsu_sora☆yahoo.co.jp(←☆を@に変えて) までご連絡ください。

また千葉県動物愛護センターでは、常にたくさんの犬(猫)の家族を
募集されています。

    千葉県動物愛護センター(本所)飼い主募集中!
    千葉県動物愛護センター(東葛飾支所)飼い主募集中!

そして、毎月センター内で譲渡会も開催されています。
     千葉県動物愛護センター譲渡会

☆千葉県以外在住のご家族には直接譲渡が出来ません。
   もし気になる子、家族に迎えたいと思う子がいましたら、ご相談
   (或いはこちらのブログに非公開でコメント)ください。


ぜひ、上記リンク先ものぞいてみてください!

そしてそして、同じ場所で1週間後5月25日(土)には
保護猫さんの譲渡会が開催されますっ!
     image_20190520095505bc9.jpg

主催 : ふくねこや neko部
こちらもよろしくおねがいしますっ!

演劇【置き去りにされた命・ミケ】

GW最終日。
じゃりんこさん と しじみ母さんと一緒に、ちばわんさん主催の「演劇【置き去りにされた命・ミケ】」 
を観てきました。
        無題

2011年3月11日に起きた東日本大震災。
その後の福島第一原子力発電所の爆発事故。
そのとき、置き去りにされた多くの動物たち・・・・

ミケという1匹の猫の視線を通し動物たちの苦しみを伝える演劇です。

朗読をされているみなしご救援隊代表中谷さんが何度も声を震わせていました。
あの時の光景、そして救えなかった命。
8年経っても、今でも鮮明に思い出されていたのだと思います。

公演後の記念撮影の様子。
   Fotor_155719975450255.jpg

爆発事故で逃げる際、ペット同行不可だったため多くの飼い主さんはリードを外し
自由にさせたり、また自分でリードを噛み切った犬がたくさん放浪していて
みなしご救援隊さんは飼い主さんからの要請などで保護をされていました。

その犬たちを 「被災地犬を預かる」 と申し出くださった方たちにお届けし、
フォローする活動をしている中、じゃりんこさんが預かったのが「ノンちゃん」。

今回はそのノンちゃんに、中谷さんに会ってもらうのもひとつの目的でした。
     Fotor_155719987211178.jpg

あの状況の中、何百頭と保護されたのに、それでも1頭1頭どの場所で、どのような状況で
保護したかすべて覚えている中谷さん。ノンちゃんのことも細かく覚えておられました。

じゃりんこさんに便乗して一緒に中谷さんと記念撮影してもらう私たち(笑)
    Fotor_155719999904436.jpg

あの時、自分にも何かできないかときっと多くの方が考えていたと思う。
私も同じ想いで。
そんなとき、目に留まったひとつの投稿記事。
「原発が爆発して、何の準備もする暇も与えられずとにかく避難するよう指示が出された。
 ペットは連れていけないと言われ、2~3日で帰れるだろうとフードとお水を
 いつもより多めに出して、すぐに帰るからな、と声を掛けて避難してきた。
 まさか、そのまま帰れなくなるなんて想像もしてなかった。うちの子は
 生きているのだろうか。本当にかわいそうな事をした」

飼い主さんの気持ちを思うと、すごく苦しくて。言葉で表現できない感情。
胃の中がひっくり返るような、心臓をえぐられるような。

もし、自分がその飼い主さんだったら。
もし、そらを置いてくことになったら。
もし、そのままそらと会えなかったら。

それまでは自分から何かを発信、行動するというのは避けてた。
人から言われたことを忠実にこなせばそれでいいって思ってた。
そんな私が初めて自分から動いたのが、この時だった。

被災地の犬たちを助けたい。

同じ想いの仲間と一緒に、寝る時間もない日々が続いたけど、
とにかく必死に動いた(その時一緒だったのが、じゃりんこさんと杏さん)。

8年経った今も、あの時の想いはまったく薄らいでいない。

 「ペット同伴避難」

ペットと暮らしているすべての人が望むことだけど、
でも、まだ100%確実ではないのが現状。

災害が起きた時。
あなたはその時ペットをどうされますか?
そのためにあなたは今、何をされますか?

8年前とは別の形で、ちゃんと動こう。
今回の演劇を観て、中谷代表の話を聞いて、想いが更に強くなった。

    Fotor_15572001522565.jpg

中谷代表の想いが詰まった本。

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

J-PETSさん主催 「保護犬・保護猫を家族にするという選択」

4月13日 日本ペットサミット(J-PETS)さん主催 
保護犬・保護猫を家族にするという選択 というテーマについての
講演会を聴いてきました。

今、私が携わっている活動は 【譲渡する側】

では『迎える側』としてはどのような想いで、きっかけで保護犬・保護猫を迎えるのだろうか?』と。

でも・・・私にとって一番印象に残ったのは、とある団体さんの取り組み方でした。
    Fotor_155516304054768.jpg

最も印象に残ったのが、全国で初めて「8週齢規制」を条例に盛り込んだ札幌市で
活動されている『ツキネコカフェ』さんの永年預かり制度

※以下青字、ツキネコカフェさんHPより抜粋※
   『高齢や持病など様々な理由により飼育をあきらめてしまった方に、
    猫を「飼う」のではなく、しかるべき準備をしていただいたうえで、
    お世話が出来なくなるその時まで、猫を「預かる」という新しいシステムです。
    ※通常の飼育と変わりなく、預かる期限は決まっていません。
     万が一、ご自身に何かあり飼育困難になった際は再度引き取りいたします。』


そらの散歩中に知り合った近所の犬ともさんには高齢の方も多くいて。
その中で愛犬が旅立ってしまった後に、
 『年齢的に仔犬は当然もう飼えないのはわかってるけど、、シニア犬(猫)を
  迎えたい気持ちもある。でも、いくらシニアな子とはいえ、自分の方が先に
  何かある可能性もあるから、ちゃんと責任もって飼うけど、だけど万が一の時は
  引き取ってもらえるような制度(団体)があれば、もう一度犬(猫)と暮らしたい。』
と話されているのを聞く事があって。それも一人二人ではなく、何名もの方から。

そんな話を聞いた時は
『う~ん。気持ちはすごくわかるのだけど、難しいなぁ…』
としか思っていなかったのですが…

ツキネコカフェさんのこの制度はそういう方にぴったりの制度だと、大変興味深くお話し
聞かせて頂きました。
    line_2973144638471238.jpg


この活動を可能にしているのは、たくさんの一時預かりさんの存在だそうです。
万が一何かあった時には再度引き取りをする事が可能なキャパを設けているという点。

私が知る中ではほとんどの人が、限界ぎりぎりの頭数を保護している為、
その『万が一』の時、再度引き取る事はかなり大きな負担になる、或いは不可能な状況。

個人での活動では無理な制度だけど、今後活動をしていく上で大変参考になりました^^

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
過去の記事♪