あっぢぃ~~~

昨日から急激に暑くなった関東地方。
「具合悪いの?」と心配になるほど
そらはぐったりしています。

やってらんねぇ~~~


  あぁーーーあっぢぃぃぃーー
  やってらんねぇーーーーー
  でももらったもんは食うぜ。


どんなにばてていても食欲は落ちないそら。
そう言う意味では安心です。

しかし、、、いくら昼間暑くてばてていて、
体力が余ってるからって涼しい夜中の
1時、2時にスーパーハイパーに
部屋を駆け回るのは止めてくださいね。
スポンサーサイト

ねれないよぉーーー

昨日の夕方の散歩で、そらと一緒に橋を渡っていました。
ちゃんとそらを足元ぴったりにつけ、右側は充分に
スペースを空けて。
しかし、、、後ろから来たチャリに乗ったおやじさんが
横を通り過ぎさまに「ちっ。」と舌打ち。

「ちっじゃねーだろ、このくそおやじ。」
と私も心の中で舌打ち・・・・
・・・・おやじさん、振り向いてこちらを一睨み。

思いっきり声に出していたみたい♪


最近そらは私達のベッドと壁の間の
とーーっても狭いスペースで寝ています。
でもね、、でもね、、夜中部屋に
カシャカシャカシャっていう音が部屋に響くんです。
眠りが浅い私はその音で起きてしまいます。

ひろくなぁれ~~

 うぅん、、せまいなぁ。
 もうちょっとひろくならないかな~~





まぁそれでもなんとか眠るわけですが、
次は5時頃にくちゃくちゃくちゃ・・って音が響いてきます。
またもやその音で目が覚めてしまう私。
お腹を虫に刺されたみたいで、そこを前歯で
カミカミしているんです。
私が起きたのを気配で察知するのか
そこからは
「起きたんか~?起きたんやろ~~!
 寝てるふりしてもだまされんよーーー
 はよ起きろーーーーー」
とベッドに体当たりしてきます。
そうなると、腰への負担が心配になり
貴重な睡眠出来る1時間を残し起きるはめに。。。

虫刺されが相当痒いようで、しょっちゅう
カミカミしているそら。
こうなるとその部分がかぶれるんじゃないかと
心配になってきます。

そらが くちゃくちゃ・・とやりかけると
「掻いたら(んっ?噛んだらか?)ダメ!」
またクチャクチャ・・とやりだしたら
お腹に手をあてて噛めなくしたり。
何度かそれを繰り返していました。

おっ!そら、やっと掻いたらダメって理解して
くれたか!おぉ、賢いぞ。いい子、いい子。
んん?そら、どこ行くの?あぁ、寝室?
もう一眠りするの?そっか。

と思っていると 「くちゃくちゃくちゃ」
と寝室からもれてくる音。
しかもさっきより激しい!
目の前で掻くと叱られるから、わざわざ寝室で
隠れて掻くなんて!


・・・・・・・・・・すごい・・・・

そんな知恵があるなんて!すごい!すごすぎるぞ!そら!
なんて感心してる場合じゃありませんね。
薬もらってこなきゃ。
かゆいかゆい


 くちゃくちゃくちゃ




やっぱりテーブルに隠れて掻くそら。

あなたの運勢は?

中華料理屋さんに食べに行くと、
たまに食事の最後に「フォーチュン・クッキー」を
出してくれるお店がありますよね。

あなたの運勢は?

 「巨大フォーチュン・クッキー」





遊びすぎじゃない?


 昨日といい、今日といい、、
 いい加減にしてください。




ごはんは?

 
 遊んでないで、
 そらのごはんは?



耳がこんな状態なら、頭をぷるぷるっと振って
元に戻すのが普通のワンコだと思いますが、
そらはこのままの状態で10分以上居ます。
鈍感なのか?

さて、そんなそらの明日の運勢は?

都市伝説?

子供の頃、いろんな都市伝説が語られていましたよね。
トイレの花子さんとか、口避け女とか、
どの内容も怖いものばかり。

そして、私がもっとも怖かったもの。
それは
「なめくじを触ると呪われる」

あっ、、あれ?ありましたよね?
周りの人に聞いてもみんな口を揃えて
「ねぇよ、そんなの。」と言うけど、
確かに私の小学校ではあったのです!!!

そしてそれがトラウマとなり、
昆虫・爬虫類等なんでも来いのわたくしですが、
なめくじだけは本当に苦手です。

梅雨でじめじめしているこの季節。
マンションの通路にもあいつらが大きな顔をして
這っています。
あぁ、、、本当に梅雨っていやだ。。。

しかし!!!恐怖はそれだけではありませんでした!
今朝、何気に畳の部屋に視線をやると!!!!!

なめくじ~ん


 「巨大なめくじ」






「そらって上から見ると落花生みたいだよね」
可愛く言ってくれる方もいらっしゃいますが、
私にはなめくじに見えます(涙)

極上の幸せ☆

ヘルニアを発症してからしばらく、
家の中でそらが私達との間に距離を置くように
なっていました。
私達と別の部屋に行くわけでもなく、
ちょっと離れた場所からじーーーっと私の事を
見つめるのです。
何か訴えるような目をして。

「そら、なぁに???」
私が傍に寄ると、すくっと立ち上がって移動してしまいます。
何度やっても同じ事。

もしかしたら触られると痛いからかな?
それとも公園で遊ばせてもらえないし、
いろんな事を我慢させられるから
すねているのかな?

その理由は結局わかりませんでしたが、
あれから10日ほど経った昨日、
私がリビングで寝転がっていると、
テケテケと近づいてきて、コテン♪

むふふふっ。


 むっふーーーん♪
 おっかぁの腰を枕代わり♪



あぁ、極上の幸せ☆

不思議絵

かゆいかゆい




 ん?そらぁ。
 そんなに一生懸命壁に体こすりつけて、
 体かゆいの?






なぁにぃ?


 なぁにぃ?
 寝てるのじゃましないでください。




日曜日、あまりの暑さにそらもぐったり。
いつもは心地よいお昼寝も、少し辛そうでした。
何度も寝返りを打ち、しまいには写真のような
格好に。

これからしばらく続くよ。
美味しいものいっぱい食べて、体力つけて
のりきろうね!!!

飼い主の心、ワン知らず。

朝っぱらからなんとも梅雨らしい雨。
「おそとーおそとーおそとーーーーーーー」
と訴えてくるそらをベランダに出して
「ほらぁ。大雨だよ。びしょびしょなるよーーさむいよーー」
と、大粒の雨が降っている様子を見せても
「どうでもいいから、おーそーとー。
 おーそーとー。はーやーくーーー!!!!」
としつこく訴えてくる。

一旦外に出て雨が降ってる事に気づいたら拒否るくせに。。
そう思いつつも、家ではうんをしないそら。
う~ん、やっぱり連れて行こうかな。
でもこれだけの大雨に濡れて、ただえさえ100%の体調じゃないのに
大丈夫かな~~と考えてると、思い出した!!!
この前相方がナイスなレインコートを買ってきていたんだ。

早速着せてみる。
似合ってる?

 似合ってる?






うん!そら、すごい似合ってるよ!!!
そ、そう?


 そ、、、そう?
 えへっ。



気を良くしたそら。
ちゃっと脱衣所に行き、ひょこっと顔を出した。
早く行こうよ。



 何してるの?
 早く行くよ!!






って、どうやって自分で帽子被ったの??

私も急いで雨合羽を着込み外に出ました。
が、予感的中。
あまりのざーざー降りの雨に
「おい、こら。雨降っとるやんけ。
 こんな日に散歩に連れ出すなや。」
と文句たらたら。
飼い主の心、ワン知らずって本当ね。

このレインコート、コーギー用なのでそらにぴったり。
今朝も10分程大雨の中歩きましたが、
お腹も全く汚れず、なかなの優れもの。
しかも!2500円!
ネットなんかでコーギー専用のレインコートを探すと
安くても6000円ぐらいはするのでかなりお買い得品。
ダ○クマで売っていましたよ~~。
*追記 : と思ったらネットでもありました^^
この中にある「トレンチレインコート TRC-2L ベージュ 」です。
ただ、そらは12㌔弱ですが、2Lだと少し大きめ。
スリムな子はLサイズが良いかもしれません。

大きな間違い?

3日間にわたって、たくさんの暖かいコメントを頂き、
本当にありがとうございます。
間もなく1週間が経ち、歩き方こそ少しおかしいものの、
そらは随分と元気になりました。

今朝私が起きて一服していると、
そら、そそくさと脱衣所に入って行きました。
実はうちではお風呂場にリードをかけてあるんです。
(毎回散歩から帰ると洗っている為)
→リードをつけると散歩→リードをつけるのは脱衣所
そらにとってはそんな図式が出来上がっているのでしょう。
散歩 まだ?

 ねぇ、お外、まだ?





早く行こうよ!


 はやく行こーーー♪





まだ安静!と思いつつも、やっぱりそらが
散歩の催促をするまでに元気になったのは嬉しいです^^
スリム♪

 後ろ姿♪
 





この前までは、右後ろ脚がもっと斜めに内側に入っていて、
左足を踏むような感じだったのですが、
少し良くなりました。

さてさて、今回病院でびっくりする事実を知ったのですが・・・

かかと?


 矢印で示しているところ




ここ、なんて呼んでますか?

実はここ「かかと」なんだそうです!!!
びっくりしましたよーーー。
えっ、もしかすると知らなかったのは私だけでしょうか??
ここが「かかと」なら、膝はどこ???
犬の体は謎だらけです・・・

いろいろ まとめ。

「コーギーを100頭検査したら80頭に異常が見られる」
という院長先生のお言葉。
それは、そうあってほしくはありませんが、
やはりコーギーはヘルニアを発症してしまう可能性が
高い犬種だと改めて認識しました。

他のみんなが発症しない事を願いつつ、
今回の私の経験を綴り、それが予防に、又は
発症した時の対処の参考になればと次にまとめさせて頂きました。
(専門的な知識は一切ないので、本当に素人判断ですが)

考えられる要因
そらは普通のコーギーに比べ足が長く細い。
また、後ろ脚の骨が生まれつき歪んでいます。
散歩中に「この子、後ろ脚怪我してるの?」
としょっちゅう尋ねられます。
それに加えてコーギーという犬種。
「これは将来ヘルニアになる可能性高いな。」と
ある程度覚悟はしていました。
1歳半という若さで発症するとは思いもよりませんでしたが・・

覚悟していても、やはり出来る事ならならないように、
そう望むのが飼い主ですよね。
ヘルニアの原因になりそうな事は排除する、、しているつもりでした。
階段の上り下り、肥満、本当はやらせたかったアジリティ。
しかし、改めて思い返してみると
*ソファの乗り降り   *人への飛びつき
*長時間のボール遊び  *仔犬時代、滑るフローリング
*マンションの外へ出る迄の抱っこ(縦抱きに近い状態)
「う~ん。ちょっと腰に負担かかりそうだけど、
 この程度(短時間)ならまだ若いし、大丈夫かな」
そんな甘えが、結果として積もり積もって
今回の結果に繋がったと思います。

又、上記の運動に関するものとは異なるのですが、
ここ1ヶ月「そら、痩せたよね?」と何人かに言われました。
私としては体重増加が一番怖いし、痩せたと言っても
ガリガリではないし、さほど気にしていませんでした。
ただ、ネットで見たヘルニアを発症している子は
必ずしも太っていません。むしろコーギーにしては
ちょっと細め?と思える子が多いように感じます。
そう考えると、食事できちんと骨を形成するための
充分な栄養を摂れていなかった可能性もあるのでは?

兆候
今になって思えばあれが、、、と思った事です。
*大好きな散歩に行っても、10分程で家に帰ろうとする。
(爆竹の音がトラウマになってると思っていました)
*後ろ姿を見た時、太ももの辺りの筋肉が少し
浮き上がっているような感じだった。
*夜中に何もないのに「ワフ。ワフ。」と言っていた。
もしかすると、腰の辺りが気持ち悪くて文句言っていたのかも?
*「うん」の時。普通は1度すると、2度目までは数百メートル
歩いてからだったのが、ここ最近は1度して、2,3歩で残りを
出す、という感じだった。「キレが悪いのかな?」と
思っていたのですが、もしかすると1度で全て出しきる程の時間
しゃがんでいられなかったのかも。
*大好きなタオルの引っ張りっこで、いつもより引く力が弱く、
又、自分が勝つまで放さなかったのが、自分から放すように
なっていた。

《対処法》
対処法と言っても、まだそらは発症したばかりで
どう接したら良いかはこれから試行錯誤しなければなりません。
ですので、とりあえず金曜の夜から、そして獣医さんの話を
聞いて感じた事を書きます。

①歩き方がおかしい、立てない
 例え気づいたのが夜中であってもただちに獣医さんに
 連れて行って下さい。
 朝まで様子を見る→これは長時間神経を
 圧迫したままにするので、病状が進行する危険性大です。
 今回セカンドオピニオンを求め行った病院の先生に
 これだけは絶対に守って欲しいと強く言われました。
②金曜の夜に初めて行った病院でステロイド剤を注射。
 翌日いつもの病院でその話をすると
 「ステロイド剤は拒絶反応でショック死する子も居る。
  本来なら血液検査で確認してから打つもの」
 と言われました。
 本当に緊急を要する時は迷っていられないみたいですが、
 もし、そらのようにおぼつかなくても自分の足で立てたり
 歩けた場合は、よほど信用している、あるいはいつも通っていて
 ワンコの事を良く知っている獣医さんでない限り
 ステロイド剤の注射は避けた方が良さそうです。
③普段から背中を背骨にそって軽く触るようにする。
 「キャンッ!」と言わなくても、痛みがあるとびくっと
 するらしいです。
④薬を飲ませると尿の匂いがいつもと違う場合があります。
 慌てずに!→私はかなり慌てました。
⑤兎にも角にも絶対安静。
 注射や薬の服用で一時的に痛みが治まると、治ったもんだと
 ワンコは遊ぼうとします。再発するか症状が悪化します。
 って、これが一番難しいんですよね。
 実際そらも動けるようになったら遊ぶ気満々。我慢させるのに
 一苦労です。

思いつくままに書かせて頂きました。
私個人的な印象・考えなので間違えもあるかもしれません。
その場合はご指摘頂ければ幸甚です。
又、今私の悩みは体を動かすのが大好きなそらを
激しく動かず、それでいて満足させられる遊びはないか、
という事です。
もし良い遊びをご存知でしたら教えてもらえたら
嬉しいです。

長文になってしまいましたが、
昨日のそらの写真をアップします。

あしょびたいんだけど・・・


 せっかくおっかぁ家に居るんだから
 あそびたいんだけど・・・・・








眠い・・・



 ねむい・・・・





抗生物質+痛み止めを服用しているからかよく寝ます。
おとなしく寝ていてくれると安心なのですが、
副作用は大丈夫なのかな?と不安にもなります・・・

怒涛の週末 続き

沢山の励ましのコメントありがとうございます。
そして中途半端なところで「続き」としてしまい、
ご心配をおかけした事をお詫びいたします。
今現在、完全ではありませんが、そらは自力で歩き、
散歩も20分程度なら大丈夫な状態です。

頑張ってね

 そらは大丈夫です。
 心配してくれて、
 本当にありがとうございます。




日曜日、血液検査の結果を聞きに、
又、尿検査の為病院に行きました。

ちょっと複雑な結果が出ると登場する院長先生が
説明に表れました。その時点でパニックになる私。

「うん、椎間板はね、この犬種を100頭検査したら
 80頭は抱えているくらいの軽度なもの。そんな心配しなくても
 まぁ大丈夫でしょう。でも潰れているのには変わりないんだけどね。
 それよりも心配なのは、白血球数が正常値の4倍ある事かな」

「えっ、先生!4倍ってどういう事なんですか?」
掴みかからんばかりの私の勢いにちょっと引き気味の先生。

先生の説明を簡単に記すと
①多分椎間板で炎症を起こしている。それで痛くて立てなかった。
②炎症が起きているから白血球数が増えている
③ヘルニアについては神経の麻痺も一切見られないし、
 触診した限り背骨で痛がる部分はない。
 そういう意味でも今すぐ手術等を考える必要はない。

そんな軽い説明の後
「今日はその炎症を抑える為の抗生物質と痛み止めを1週間分出します。
 1週間様子見てみましょう。散歩は5~10分程度。
 安静にしておいて下さい。はい、じゃあお大事に。」

って、えっ?それだけ?もっとヘルニアについての
注意点とか、詳しい説明とかないの?
ぐるぐる質問したい事が巡ったけど、白血球正常値の4倍という
パンチを喰らった頭では考えがまとまらず、
えっと、えっと・・となっている間に診察室の扉を
開けられてしまいました。

家に帰って血液検査の表を眺めていると
悪いのはぽいするの

 くよくよするならこんなの、
 ぽいっちょしちゃおうよ。




そう思ってるかはわかりませんが、
咥えて逃げ回る(走らず、ゆっくり歩いて)位には元気になりました。

あぁ、良かった・・・
そう思いつつも、やはりこれからの事でちょっと不安が残ります。

ちょっと悶々としていると妹から
「セカンドオピニオンじゃないけど、私が通っている獣医さんに
 一緒に行く?」
と電話が。おぉ!持つべきは優しい妹!!!
1日に2度の通院、そら大丈夫かな?と心配にもなりましたが、
それよりも早く安心したい(自分が)という
気持ちが強く、連れて行ってもらう事に。

そちらでもまず触診。やはり首の辺りから腰の位置まで
上からずっと背骨を押していきます。
その後、人間のカッケを調べる方法?
小さなカナヅチのようなものでそらの膝を軽く叩いていました。

診察結果は、いつも行っている病院と同じでした。
が、プラスアルファ、私の求めていた説明が!

①この状態ならば神経麻痺がないので、様子見で大丈夫。
②1週間は安静に。その後痛みがひけば普段通りの
  散歩もOK。本人がへばららければ1時間でも(歩くのみ)大丈夫。
③但し、公園などでのボール投げ等は控えるように。
④少しでも痛がる様子を見せたら、深夜でも関係なく
 ただちに病院に来る事。

この4点を守ればそこまで怖がる必要はない、との説明でした。

あぁ、、、、本当に良かった・・・・・

長くなってしまい、ごめんなさい。
この後「まとめ」に続きますm(__)m
自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
過去の記事♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ