FC2ブログ

計算づくだよね(笑)

オヤツが欲しいそらちゃん。

わたしのとこまでやってきて、
    DSC_1969[1]

椅子の上でアグラをかいている私の足の上に顎をのせて、見上げてくる。
    DSC_1966[1]

たまらんほど、かわいい。この表情をされたら、いちころっす。
    DSC_1971[1]

    DSC_1970[1]

計算の出来るおんな。
それが、そら(笑)

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

1.2㎞くらいかな。

今日も旦那が休みなので一緒にお散歩。
ちゃんと今日も旦那と一緒の時のコースに♪

 DSC_1981[1]

 DSC_1990[1]

 DSC_1997[1]

 DSC_2002[1]

 DSC_2009[1]

ゆっくり、ゆっくり。
本当にゆーーーっくり歩くけど、だからと言って足が痛いのかと思って
カートに乗せようと私が抱っこのためにかがむと、それをわかってスピードアップ
(抱っこされないように逃げる)するそら。
足を引きづっていても、足が思うように動かなくても、自分で歩きたいんだろうなぁ。。。

で、旦那が一緒の時のコース。昔と比べたら全然短いから、
『もう、全然歩けなくなったね~』
なんて旦那と話してたんだけど、改めて考えてみたら1周1.2〜1.3kmはある。
14歳でこれだけの距離を自分の足で歩けるなら、すごいよね^^

旦那にカートを押してもらって、写真を撮ってて
 DSC_2014[1]
少しでも私が離れると、ちょっと慌てるそら(笑)
 DSC_2017[1]

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

犬ときゅうり

旦那の帰宅が遅いけど、とりあえずいつもの時間に夜散歩。

旦那を迎えにいくもんだとうきうきそらちゃん。

    DSC_1683[1]

でも、ごめん。
今日は夜散歩では旦那には会えないんだ。

    DSC_1685[1]

で、写真と全然関係ないんだけど、ちょっと気になったこと。

きゅうりって、利尿作用あるじゃん(←誰に話してるんだ)。
で、そら、ちょっとチッコが出づらくなってきてるってのもあるんだけど、
元々きゅうりが好きってのもあるから、2~3日に1度きゅうりをあげていて。
あげてるって言っても、きゅうりはカリウム豊富だから、まぁ大量にあげるわけでは
ないから影響ないかもしれないけど、念のため、0.5~1cmくらいなんだけど。
念のためね、最近血液検査してないから腎臓とか悪くなってたらやだから。

で、きゅうりをあげると、めっちゃチッコ出るんすよ。
しゃがんでのチッコ体制ではなかなか出なくなってきてるんだけど、
横になるとね、すぐに敷いてあるシートにじわ~~~っと黄色のシミが
広がるくらいの勢いで。旦那でさえも驚くくらい。

    DSC_1691[1]

そんなんでちょっと思ったのが、【利尿作用のお薬】を処方されるワンコに、
お薬じゃなくて適度にきゅうりをあげるってのはどうなんじゃろか?
一応ね、腎臓が悪い子はだめかな~ってのは思うんだけど。
そうじゃない場合、お薬よりかは良かったりするのかな?って。

ネットで「犬 きゅうり」で検索すると、だいたい良い事ばかり書いてある。
但し【大量にあげなければ】って。大量ってどれだけだ?
多分、カリウムが豊富ってのは犬でも腎臓には負担になっちゃうと思うけど・・・

そらは0.5cmくらいで利尿作用ばっちり。
ただ、そらは体質的に?薬とかもめちゃくちゃ反応が良い子だから
その辺も関係あるのかもしれないけど。

    DSC_1694[1]
そらちゃん、家で待っていればそのうち帰ってくるよ^^

今度先生に聞いてみよっ♪

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

はやく!

散歩後はごはん。

わかっているそらは、洗濯物を取り入れるためにベランダに出てしまうと

  DSC_1895[1]
  DSC_1901[1]
呼びに来る(笑)

私が自分に気づいたから、すぐに入ってくるだろうと思って
  DSC_1903[1]
にんまり笑顔。

でも、そのまま私が入らないと
 DSC_1907[1]
 DSC_1909[1]
むっとする。
わかりやすい^m^

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

銀ちゃんというお友達

まだ保護活動というものについて、ほとんど知識がなかったころ。
まだ保護活動というものが世間では理解されていなかったころ。
それこそ、半分宗教活動みたいなものでしょ?って誤解されていたころ。

近所に住んでいた保護活動をがっつりしている杏さんに誘われて、
半野良の犬の捕獲の手伝いに行った。

2006年のまだ寒い季節で。
もう1頭はすんなり捕まったのに、警戒心が強くなかなか捕まえられない子がいて。
何時間もの末にやっと保護できた子。
それが銀ちゃんだった。

銀ちゃんは出逢いから衝撃の連続で。

半野良であっても、お腹が空いていればエサに呼び寄せられてすぐ捕獲できるだろう
って思ってたけど、実際は3時間以上の長丁場だったし。

半野良で人慣れしてないけど、

犬なんだから、一緒に暮らしていればすぐ慣れるだろう。
犬なんだから、すぐお散歩できるようになるだろう。
犬なんだから、すぐに杏さんのこと好きになるだろう。

って。
でも、銀ちゃんはその考えすべて覆すだけでなく、犬って、、、こんな事するの?
犬って、こんな生き物なの?って。

人が怖くて怖くて、保護されて何か月にもわたり、目隠しのために毛布を被せたソフトケージから1歩も出てこない。
1か月以上にもわたり食べる事も、水を飲むことすらも拒否。

何より、『散歩が出来なくても、楽しい毎日を送らせてあげたい』と願った杏さんが、
藁にもすがる想いで相談したトレーナーに、

『この犬は脳に障害があるのかもしれない。そうでなかったにしても、
 この子は生きていくのが辛いだろうから安楽死させて方が良い』

って、、健康な犬に対して「安楽死」って選択肢があるなんて。

杏さんには安楽死という選択はしなくて、毎日銀ちゃんと向き合って。

その日々はこちら → 頑張らないけどあきらめない

ソフトケージから出てこれるようになって。
外には一歩も出られないけど、カーテンが風で揺れるだけでパニックを起こしちゃうけど、
それでも杏さん家族に心を開いて。
頻繁にお邪魔する私にもすこしだけ甘えてくれるようになって。

他にも理由もあったと思うけど、銀ちゃんの為に木更津に引っ越した杏さん。
同時に『里親様募集中』だった銀ちゃんに
『今日からうちの子だよ』 って伝えた翌日・・・

     c0000189_15134810.jpg
『 銀ちゃん 初めの一歩 』
杏さんのブログから

涙が止まらなかった。

玄関から一歩。。。
たった数歩かもしれないけど、銀ちゃんが玄関の外に。
銀ちゃんが外の世界に踏み出した。

そんな日が来るなんて想像もしてなかった。

それからの銀ちゃんは、門の外にこそ出られないものの、
毎日庭で泥んこになって駆け回り、外の空気を感じていた。

銀ちゃんと出逢ったことで、自分が想像を遥かに超えるほどの、
安楽死を勧められてしまうほどの、心に傷を負った、恐怖心を持つ犬が居ると知って。
本当の意味で人間が恐い犬とはどういう意味なのかを知って。
でも、時間かかるかもしれないけど、変わるんだってことも知って。

そして、
『家族』 
が、犬にとってどれだけ大切なものなのかも知った。

その銀ちゃんが昨日の朝、まさおさん達のもとに旅立ったと連絡があった。

10月半ばに会った時、私の足の上にお尻をのっけて座って
 『いつものマッサージ、たのみますっ!』
と背中を見せて甘えてきてくれていた銀ちゃん。

たくさんのことを教えてくれた銀ちゃん。
銀ちゃん、ありがとう。

わんわんわんの犬の日は、そらの誕生日☆

朝の散歩から帰宅すると、ベランダの外に広がる素晴らしい朝焼け
    DSC_1833[1]

しばらくすると、今度は見事なひつじ雲。
    DSC_1838[1]

これはもう、『そら』の誕生日を空が祝ってくれてるってことで(笑)
    DSC_1840[1]

10歳頃までは、
そらの誕生日だけど、何も変わらない毎日の1日。
いつも通りの昨日、いつも通りの今日、そしていつも通りの明日。
それだけ。誕生日だけが特別なんじゃなくて、そらとの毎日が特別なんだ。
なんて言ってた。

でも、今年のそらの誕生日は、やっぱり特別な想いで迎えている自分がいた。
    DSC_1848[1]

5月、一時的に抗がん剤を使用した時。
そして、ここ1ヶ月ほどのそらの日々の様子を見ていて。

    DSC_1853[1]

どこかで、もしかしたらって想いが頭を擡げて・・・
   DSC_1881[1]

   DSC_1883[1]

   DSC_1871[1]

今日、そらの誕生日を迎える事が出来て、とてもうれしい。

    DSC_1869[1]

そらちゃん、ありがとう。
    DSC_1859[1]

14歳。おめでとう^^

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
過去の記事♪