FC2ブログ

難しいね。

ちょっと今日はまじめな話です。(かなりの長文です)
最近「しつけ」について考える機会が増えました。

先日ワン友達のお母さんから聞いた話です。
近所のワンコがまだ6ヶ月歳位の時にトレーナーをつけました。
このトレーナーさんは「叩いて躾ける」という方針。
トレーニング終わってみたら前よりも手のつけられない子に
なってしまったそうです。

確かに厳しくしないとわからない子も居るけど、
当然そうじゃない子も居るわけですよね。
一概に「犬は叩いて」と決め付けるのではなく
その子の性格に合った方法を考えて欲しいです。
それは飼い主さんも同じですね。

うちの場合はい~っぱい本を読み、あれもこれもと試して
落ち着いたのが「誉めて教える」です。

トイレを失敗してた頃、本に書いてあるとおり
粗相をした場所にそらの鼻を押し付けて
「違う!駄目!」と叱っていましたが、効果はゼロ。
おしっこをしてぴゅ~~っと私から逃げるように。
これをちゃんとトイレで出来た時大袈裟に誉める、
に変えた途端あっと言う間に完璧に。

甘噛みがひどかった時も、本に書いてあるように
「じゃれて噛んだら、遊びをやめて無視する」や
「マズルを掴んで(又は手を口の奥に押し込む)、
噛んだら嫌な想いをすると理解させる」
というのもやりましたが、これも効き目ありませんでした。
それを、噛んだ時に「噛んだら駄目でしょ。ペロペロは?」
と言い、偶然手をぺろっとなめた時大袈裟に誉めていたら
あっと言う間に甘噛みをしなくなりました。

リーダーウォーク。これも「飼い主より前に出たら
リードを後ろにぐっと引っ張る」
というのを実践していたら、その場から動かなくなり、
数週間私との散歩を拒否するように。
この後、私の横についてちゃんと歩いた時だけ大袈裟に
誉めていたら(まだちょっと怪しいけど)
随分まっすぐ歩いてくれるようになりました。

そらはかなり怖がり。このため「叱る」という方法だと
「なんで飼い主が怒っているのか」と考えるより先に
「こわい。こわい。ここから逃げたい」となってしまって
いたのだと思います。

ちょっと長くなってしまいましたが、これから色々と
しつけをされる方の参考になればと思い綴らせて頂きました。
最後までお付き合いありがとうございます。

さて、そらの躾で一番の難問。それは拾い喰い。
これはどうしたものか・・・
口から出したら誉める方法を取っていたら
最近枝を咥えて「ほらぁ~~枝持ってきたよ~ほめてぇ~」と
嬉しそうに私に持ってくるように。
う~ん、なんか間違えてる・・・
ねぇ、そら。「咥えたら駄目なんだよ?」
いや。聞いてない。

 しらん。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

叩いて躾ける、そんなの今時あるんですかぁ。 まるを飼い始める時、いろんなしつけ本やテレビなんかで勉強したけど、褒めて躾けるってことが主流でした。 叩いたってわんこにわかるわけないですよね。 ただ人間のイライラした感情をぶつけるだけのような気がするなぁ。 ダメとかイケナイっていう言葉、小さい時より今が多いです。 今はまるもなんでダメなのかわかってると思うんです。 でもわかってて知らん顔するのも多いかな^^; 拾い喰い、うちも難問ですよ~ どうでもいいものは噛んでペッて出すのに、食べて欲しくないものは暴れて絶対手を入れさせません。 格闘してるうちにゴックンされてしまいます。 なんとかならないもんかしらねぇ

No title

ウチもそうでしたねー。オシッコなんかは、うまくできた時にほめていたら、今だに「できたで!褒めてや!!」と報告に来ますが(^^; 拾い食いはなかなか難しいですよね。ひなは食べる前にかなり慎重にニオイを嗅ぐので、なんとか助かってますが。。。こればっかりはリードを引っ張るとかするしかないんですかねえ。

No title

一気に読んじゃいましたよー。 やっぱり、「しつけ」のことはいつまでたっても興味のあることだからね。 私もたーくさん本読みましたね~。 褒めてしつけるものが多かったな。 なかなか褒めるタイミングが難しいけど、トイレのトレーニングは褒める方法で我が家もうまくいきました。 でも、ちょびっとしては「褒めれー」ってくるようにもなっちゃったけど・・・(苦笑) 食べようと思って口にしたものは、ピカソも出してくれないですねぇ~。 でも、たまにはノーリードで遊ばせてあげたいし・・・ なるべく食べ物など落ちていないところで遊ばせるようにはしてるけど・・・ 難しいですね。 あっ また長くなっちゃった。

No title

ルークもかなりの臆病者&神経質なワンなので、しつけは何かと工夫が必要なワンでした。 ワンの傾向・・・みたいなものはあると思うけど、細かいフォローみたいなものは、個々のワンちゃんによって違ってくるのが当たり前かと思っています。 拾い食い、ちゃんと持ってきてくれるようになったなんて凄いじゃないですか~(^O^) ただ、口にしてさえ欲しくないものもありあすもんね~。もう一息♪ そらちゃん、頑張って\(~o~)/

No title

みっちさん> そうなんです!叩いてはかなり古いんですよね。 年配の方からはそういう話を聞く時があるので、昔はそうだったんだな~って思います。 ダメなのを判っていてやる、そらも同じです。ダメ!って言う前にこちらの様子を横目でちらっと見たり・・^^; それに食べて欲しくないものに限ってごっくんするのも一緒です。先日獣医さんにも「コーギはね~本当に拾い喰い多いんだよね(ため息)」って言われてしまいました。 ひなままさん> 「誉めてや!」ってうちも言いに来ますが、褒めて欲しいのかオヤツが欲しいのか・・・絶対オヤツですね。「いい子、いい子~~」って褒めるだけ褒めてオヤツをあげないと「ちっ。オヤツ無しかい」って。 ひなちゃんは慎重派なんですね。そらもひなちゃんぐらい慎重になってくれないかな。。

No title

ピカソさん> やっぱり躾って関心ありますよね。 トイレ、ちょびっとして「褒めて~」は一緒ですね。 褒めて教える(オヤツ付)の難点は、いつから オヤツをあげなくするか、ですね。 オヤツがもらえなくなったら、また違うところで やるんじゃないか?と心配です・・ 私も相方に「拾い喰いさせるなら、ノーリードは止めろ!」と言われているのですが、どうしてもね。 難しいです。 れいたさん> しつけ、本当に悩みますよね。「褒めてる躾」の場合でも、またそれぞれ合う合わないがありますよね。 口にして欲しくないもの、こういうのに限って 絶対に出さないんです。う~ん、まだまだ頑張ります!
自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
過去の記事♪