FC2ブログ

元気いっぱい♪

今日帰宅したら、久々に元気いっぱいに出迎えてくれました

DSC_5779~2

元気いっぱいのそらの事を綴っていくと宣言していたのに、
あれからまったく書けなくて・・・・


〔今の時点〕での気持ちを綴りたいと思います。
そらがクッシングとわかった時点からの記録は
別途書く(予定)けど、まず先に。

今日帰宅したら、そらが元気いっぱい、テンション上げ上げで私を出迎えてくれました。
その姿は 「いつものそら」 、 クッシングの治療(投薬)を開始する迄のいつもの姿。

実はそら、クッシングの治療(投薬)を開始してから、ずっと元気がありませんでした。

どんな薬でも副作用はあるしね。
これまで過剰に出していたホルモンを正常の量に抑えるんだから最初は仕方ないよね。
そら、がんばれ!

って、そういう考え方もあるのかもしれないけど、私はそうは思えなかった。
だって・・・薬を飲み始めた途端始まった元気のない毎日。
ただ元気がないだけじゃない。明らかにぐったり。

ふっと、あれ?確かそらと赤レンガに行ったの、たった3週間前の事だよね?
多飲多尿はあったけど、それ以外は元気いっぱいだったよね?

なんで元気いっぱいのそらにならないのかな。
薬かな。薬だよね。 こんな辛そうなのに、薬飲ます必要あるの?

クッシングについても、薬についても、かなり調べた。
販売当初、副作用が少なくて安全と言われてたこの薬。
でも最近になって副作用、薬の危険性の報告があがっている。
結果、更に不安を掻き立てられる。

そらは投薬開始から5日目で、薬の量を2/3に減らした。
この日曜日に更にその1/2に。 最初の1/3になっている。

本当は中止したいって言ったけど、一旦飲み始めたものを急に切るのは逆に良くない。
そう言われて1/3を飲み続けてみる事にした。

もうあの元気いっぱいのそらの姿を見る事はないのかな。
もしかしたら、薬は関係ないのかな。
これまでたまたま元気だっただけで、もしかしたらクッシングで一気に体調悪いのが進んだのかな。
でも、そら、もうすぐ11歳だし。 いろんな事を受け止めていかないといけない
時期にきてるのかな。

そう思ったら、辛くて。
でも、自分がまさか治療の薬によって体調が悪いなんて思ってもいない
そらだって頑張ってるんだから。。

そんな考えが頭の中をぐるぐるぐるぐる。

んで・・・帰宅したら、さっきの写真。。。
「おっかーーーー!!!おっかえりーーーー!!!待ってたよ~~~。
 お散歩行こうぜ~。レッツゴーだぜ~~~。きゃっほほ~~~う♪」
リビングと玄関を行ったり来たり元気に走り回るそら。

散歩に行って、帰宅したら
「ごっはん♪ ごっはん♪ ごっはん♪」
とウキウキルンルン♪のいつものそら。
準備が出来てお皿を持つと、クルクルクルクル回って、いつものごはんダンス。
(最近は私がご飯の用意をしていても、伏せた状態で待っていて、
 いつもの場所にお皿を置くと、やっと立ち上がる・・って感じでした)
薬を飲み始める前のそら。
その姿を見て、、「そら~~~~~!!!元気じゃーーーーん!!!」と号泣^^;
1442302107096
そらちゃん、おっかぁ、どうしたの?どうしたの?と、そんな私の顔を必死でぺろぺろ。

薬を最初の1/3にしたのが良かったのか、、一時的なものか、どうかわからない。

だけど、この事で自分の気持ちがはっきりした。

そらが辛い治療はしない。
リスクは上がるかもしれないけど、自分が納得できる治療(または治療を中止)をする。
そらが楽しい♪嬉しい♪ と思う日を1日でも多くしてあげられるように。

今後はそれを第一に考えてよう、そう決めました。

・・・まだ、旦那との意見の相違はあるけど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごくお久しぶりです。 そらちゃんの妹のドルチェの飼い主です。覚えていらっしゃいますでしょうか。 クッシング症候群なんてのがあるんですね。 知りませんでした。 うちのドルチェも震災後から水をものすごく飲み、尿の量も多いです。ドルチェを見てもらっている先生には、血液検査の状況から考えて、特に異常はないと言われている状態ですが、同じ多飲多尿なので、もしかしたらうちのドルチェもその病気なのかもしれません。 色々あるとは思うんですが、ぜひ今までどおり、明るく接してあげてください。ブログの一読者として、そらちゃんの日常をとても楽しみにしています。

No title

ドルチェ父さま> 御無沙汰しています!勿論、覚えています!!!! 今、どうしてるかな~?って、旦那とも話していました。 震災後から・・・という事はストレス性のものでしょうか? そらもクッシングの検査の数値は引っ掛かりましたが、 多飲多尿以外の症状はなく、血液検査も10歳にしてこの数値は優等生!と先生に褒められるほど、 全て正常値内なんです。もしかすると、そらがドルチェちゃんの動物病院に行っていたら特に治療は不要、と 判断されていたかもしれません。 いろいろ調べるとクッシング症候群は治療方針については、飼い主さん次第という部分が大きそうです。 今までとおり、明るく接していきたいと思います^^ かなり放置気味のこのブログを楽しみにしてくださりありがとうございます。 これからは頻繁に更新できるようがんばります!

No title

覚えていてくれてよかったです。いつかお会いしたいですねー。 ドルチェは多飲多尿に関して結構調べたんですが、どうしても原因がわかりませんでした。「生化学的な結果ではなく、案外気にするほどのことじゃないのが原因になってることもあるよ。」との話でした。明るく・楽しく・前向きに(あ・た・ま)いきましょう! うちのブログはあまりドルチェと同居犬のカノンが出てこないんですが、時々みてください。

No title

ドルチェ父さま> 忘れるなんて事、絶対にありません! 明るく、楽しく、前向きに 【あ・た・ま】 神経質で心配性の私に一番必要な言葉です。 この言葉、しっかりと胸にそらと楽しく過ごしていきたいです^^ 是非、ドルチェ父さまのブログにも訪問させて頂きます♪
自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
過去の記事♪