FC2ブログ

一気にまとめにいっちゃいます!

今のそらは、とっても元気です♪
涼しくなってきたのものあるのかな。片道30分位かかるスタバにも、ルンルン♪で歩いてくれるように
なりました^^
1444361476508


1444361466848



んでは、前回の続きを一気に・・・
前回は自分の気持ちを書きすぎちゃいましたので、今回はざざざっと(長いけど)経緯を。

8月29日 ACTH刺激試験でクッシングの検査を受ける。
コルチゾール値 Pre 6.9  Post 34.8
外出先で私から離れるという経験を殆どさせていないので、血液検査の為に病院奥にひとりで連れて行かれる
だけでかなりのストレスが掛かったと思ったけど、その短時間で数値に現れる程のコルチゾールは
分泌されない、、という事で、34.8はクッシング病との診断。

8月30日(投薬開始)  
アドレスタン 30㎎x1錠の投薬開始  → 副作用と思われる症状が強く出る。
体が熱を持つ。目が充血する。呼吸が荒くなる。軟便が続く。元気消失。

9月5日(投薬開始7日目) 
早朝 未消化のフードを吐き戻し。 朝下痢。 受診して薬を30㎎→20㎎に減らす事に。
副作用(?)の症状は変わらないが、多飲多尿は落ち着いてくる。

9月10日(投薬開始12日目) 
1回目のスクーリニング検査 (ACTH刺激試験+生化学を含む血液検査)
ACTH刺激試験 = コルチゾール値 Pre 2.2 Post 7.9
血液検査     = ALTのみ少し高値を示したものの、そらは2013年頃からALTだけは少し高め。
それ以外はALPもBUNも含め全て正常値内 (そらは5月に健康診断を受けていて、その際も血液検査は
ALTが少し高め以外は甲状腺の数値も含め正常値内だった)。
という事で薬が効いているという事で、このまま20㎎x1錠で1か月様子をみる、という診断。
この後も副作用の症状は相変わらず。但し多尿の症状は治まり、多飲の方も開始時2640ml
だったのが1400~1600mlレベルまで落ち着いてくる。

9月13日(投薬開始15日目) 
朝のほんの短い散歩の後、そらが動くのが辛い・・というほどにぐったりする。
伏せた状態のままお水を飲む。どんなに疲れていてもこんな事、これまでに一度もした事がない!
慌てて病院に電話。状況を説明し、診察が必要というわけではなさそう。
今20㎎で効果が出ているのに減らすとまた多飲多尿など症状が戻る可能性があるけど、
とりあえず薬を更に10㎎x1錠に減らす事にした。

9月14日(投薬開始16日目) 
夕方会社から帰宅すると、久々にそらが元気な姿を見せてくれる。薬を減らしたからなのか。

9月16日(投薬開始17日目)
14日のそらを見て、また、自分自身でいろんな事を調べた結果を精査し翌日からの薬を止める決断をする。
もしかしたら多飲多尿が戻るかもしれないし、クッシング病によりいろんな病気を併発する可能性もある。
でも、もうすぐ11歳のそらに苦しい想いをする治療を続けるより、「今の時間」を大事にしたい、と
旦那と意見が一致した。

9月17日薬中止 ~9月24日の1週間
まだ少し体調は悪そうだし、お腹も緩いけど、これまでより夕ご飯の後、遊びに誘ってくる時間が長くなった。
この頃から多尿は完全に治まり、飲水量も800~1120mlと少し多いか?でも、まだ暑い日もあるしな。
と感じるレベルまで減る。

9月24日
9月13日にそらが体調悪い為10㎎に減らすとした際、10日後に10㎎の薬で効果が出ているかを
確認する為、再診の約束をしていたので、病院に行く。
ここで17日から投薬を中止した事を説明。そして自分が調べたクッシングと診断する為の臨床症状、
一般臨床検査を一覧にしたものにそらに当てはまるもの(〇)、当てはまらないもの(×)と印を付け、提出した。

飲水量 : 8月31日~9月5日 (アドレスタン 30㎎)  2640ml~1280ml
       9月6日 ~9月12日 (アドレスタン 20㎎)  2100ml~1360ml
       9月13日~9月16日 (アドレスタン 10㎎)  1560ml~980ml
       9月17日~9月24日 (薬 無し)         1120ml~760ml
臨床症状 : 多飲多尿(〇)                膿皮症(△)←半年ほどお風呂入ってないからかも
         パンティング(△)←夏だし。暑いし。  それ以外は全て(×)
臨床検査 : 尿比重が軽い(〇)←多尿の時だから当然 それ以外は全て(×)

 薬の持続時間は長くても2~3日。最後に薬を飲んだのが16日でそれから既に1週間過ぎても
   飲水量は800~1200mlに減ったまま。
 多尿が治まっている。
 薬の副作用がきつく出る。

これらの事から
*この後、多飲多尿が再発しない限り薬は飲まさないで様子を見る事に。
 多飲多尿が再発した場合も、今回の薬の副作用の事を考慮し、治療方法は話し合いながら。
*8月の多飲多尿には何かしらの理由があるわけで、今後も継続して私が日々そらの事を
 きちんと観察する事(飲水量のチェック、皮膚の状態、尿の状態等)。
*月1回は血液検査(←これは、私が心配だから、やりたい!と伝えた。先生は体調などに
 大きな変化が見られなければ、大丈夫ですよ、と言ってくださったのですが・・・)。

結果この後は上記3点で様子を見ていく事になりました。

24日にACTH刺激試験は止めて、血液検査のみ念のためやりました。
結果は相変わらずのALT少し高め以外は異常なし。

このまま多飲多尿が再発せず、落ち着いていてくれますように。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです、覚えていらっしゃいますでしょうか? 以前、ブログにお邪魔していました、mukです。 たまーに杏さんのところに出没します。 こちらのブログも、こっそりブックマークしてまして、 読み逃げしておりました。 そらちゃん、落ち着いてきたみたいでよかったです。 うちのももも、年末で満7歳になります。 シニア期突入なので、今まで以上に体調に気を付けてあげないといけない時期になってくるのかなぁ? と思いながら、そらちゃんのことも読んでいました。 またお邪魔します! 夏の疲れが出る時期なので、 そらちゃんもご家族もご自愛下さいね~。

No title

おぉ!そらちゃん復活ですね。 ドルチェは相変わらず、多飲多尿ですが、元気です。 薬が効いて治った+早期にやめたから副作用がそれほど長引かなかったってことで良かったですね。 ドルチェももしかしたらクッシング症候群なのかもしれませんが、多飲多尿以外に症状がでてこないので、あまり気にしないことにしました。 そらちゃん、よかったよかった。

No title

mukさま> こちらこそ、ご無沙汰しております。 そして、忘れるなんてとんでもないです。預かりっ子た居る時 支え続けてくださったmukさまを忘れる事なんて絶対にありません!! ももちゃんも7歳・・・ワンコっていつまでも若いままと思っていても いつの間にかシニアになってるのですよね・・ mukさまも、ももちゃんも、ご家族みなさまもご自愛ください。 改めてこれからもよろしくお願いします。 更新、、、がんばります!

No title

ドルチェ父さま> そうなんです!復活です! ドルチェちゃん、元気で安心しました^^ 獣医さんによっては、ドルチェ父さんの獣医さんと同じように 〔他に病気を併発してなくて、多飲多尿だけであれば、 飼い主さんがその症状を気にならないのであれば、 放っておいて大丈夫〕 という方もいらっしゃるようです。 最終的には飼い主の判断ですね^^ ありがとうございます!
自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
過去の記事♪