FC2ブログ

Outputはできないけど、Inputは可能

『愛犬、愛猫、愛鳥など家族である動物たちは、一緒に暮らしている内に人間の言葉を
 発する(Output)はできないけど、理解する(Input)ことはできるようになる』
と。
『だから、どうせ理解できないだろうと諦めないで、たくさん話しかけてあげてください』
と。

どこで読んだのか覚えていないのだけど、これ、そうだよなって思った。
そらはわたしが伝えたい事、理解してくれていると感じることが多々ある。
言葉にしなくても、私の気持ちを敏感に感じ取って心配したり、
嬉しそうにしたりする。

で、思ったのが、愛犬たちがInputできるのであれは、
DSC_5240[1]

で、最高の笑顔になって、
DSC_5243[1]

行きたいコースの分岐点で立ち止まり、
DSC_5416[1]

あとはいつものカフェで
DSC_5616[1]

って、まぁこの辺はわかりやすいとこではあるけど^^

飼い主だってInput出来ているんじゃないかなって^^


 〔続き に、ひとり言〕
愛犬、愛猫、その他家族であるペットたちの病と向き合わなくてはならなくなった時。
難しい選択を迫られることもある。

近所の犬仲間たちも、そらと同世代だから、飼い主同士の会話も
そんな内容が増えてきた。

『治療はこの子に負担かけてしまうけど、一緒にがんばろうと思う』
『いろいろすることが却ってこの子の負担なってしまうだろうから、
  その都度痛みを和らげる治療だけにしようと思う』
飼い主さんの考えはそれぞれで、その子を想って決断したのであれば
私は全てが正しいと思っている。

『何が正解で、何が不正解かわからないよね。』
であれば、飼い主さんが悩んで、悩んで、その子の事を一番に想って
くだした決断が正しいんだって思う。

でも、
 『本当にこれで良かったのかな。この子はそれを望んでいたのかな』
 『私が少しでも長く一緒に居たいがために、この子を苦しめてしまったかも』
そんな想いを、不安を口にされる飼い主さんも多い。
やっぱり、どの飼い主さんもそう思ってしまうと思う。

もし愛犬たちがInput出来ているのであれば、人も知らずにInput出来ている
んじゃないかな。
飼い主さんがその子を想ってくだした決断は、知らず知らず
その子の気持ちを、心の言葉を、Inputしているんじゃないかって。

飼い主さんがこの子の為に!と決断するとき、きっとその時、
愛犬が、愛猫が、自分の気持ちを飼い主さんに伝えていると。。。
そう信じようと思う。

先日、友達と愛犬を見送った時、後悔するかな。
これで良かったのかなって絶対思うよね。って話して。

その時
『きっと、今、あの子はどうしてるのかな。私のそばにいてくれてるのかな、
 って思ったり、虹の橋の麓で走り回ってるかなって、考えるよね。
 結局本当のとこはわからなくても。』
って話で。そしたら、
『残されたものがそう思ったら、それが正しいんだよ。』
って。

そういうことなのかも。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
過去の記事♪