FC2ブログ

5月27日 通院

5月14日に抗がん剤を開始し、効いてるかどうか等のチェックに病院へ。

  ↓ 帰宅後、甘えん坊そらちゃん
  DSC_8071[1]

抗がん剤を始めてからお腹がパンパン状態が続いているそら。
多飲多尿の影響かな?と思いつつ、前回の血液検査の結果でGGTの数値が
気になったので(以前、一時的に胆泥が溜まったこともあるので・・)、エコーついでに
胆のうも診てもらうことに。

んで、預けて数分後、そらと一緒に診察室から出てきた先生。
『そらちゃんね~~オシッコで膀胱ぱんぱんだから、胆のう見えない~。
 お散歩してオシッコしてきて~。でもね、腫瘍は小さくなってるみたいっ!
 もう1回ちゃんと診てみるけど♪』
『せんせい、まっじっすか~~  

気分アゲアゲ。幸せいっぱいな気持ちでお散歩に♪

初めてCTしに来た来院した時、そらのお迎え時間より30分以上早く到着してしまい
チェーンスモーキングしていた公園を、うきうきな気持ちでそらとお散歩する。

んで、たっぷりオシッコさせて病院に戻り、再び診察室へ。

『さっき膀胱がパンパンだったから腫瘍が小さく見えたんだけど、
 きちんと計ったら実際にはそんなに変わってなかった。』

わおっ☆気分はジェットコースターだぜ☆

   DSC_8075[1]

まぁ、しゃーない、しゃーない。
2週間やそこらでそんな小さくなってから、今度は寛解も期待しちゃうぜ。

改めて、私たちも診察室に入って、胆のうチェックと同時に腫瘍もチェック。
結果、腫瘍は同じかかすかにだけど大きくなっていた。
胆のうは少し炎症を起こしてるとのこと。

胆のう・・・心配は心配だけど・・・・面白いくらい先生と意見が一致。
『今はこっちの治療をすぐに開始してる場合じゃないから、様子見だね。』

そらが健康だったら、すぐになんかしら治療をっ!とかって思っただろうけど、ね。
すべては、無理だ。だから、そこはちゃんと判断しなきゃね。

で、腫瘍。
小さくはなっていない。微かに大きくなってるかもしれない。
ただ、以前のように硬い感じでなく、ぷよぷよしてるので、もしかしたら
細胞に抗がん剤が作用して柔らかく(死んで)なってきているのかもしれなくて、
そのため、膨らんで一時的に大きくなってるのかも?かも?かも?
とりあえず、期待しとこ♪

んで、先生からの提案は、パラディアを併用してそらがこれまで投与していた消炎剤を加えること。
(ただし少量。パラディアと消炎剤は併用はお薦め出来ない←私の見解(笑))

一旦待合室に戻り、再び呼ばれるまでの10分間。
かんがえる。。。かんがえる。。。かんがえる。。。

んで、私が出した結論がパラディアを増やして投与する (25㎎に) で、
それを伝えたら、先生、私が抗がん剤にすごい抵抗がある(という表情をしていた。
すぐ顔に出るタイプなんで)みたいだから、私が抵抗なく受け入れられる方法として消炎剤の
併用を提案しただけで、本当は抗がん剤を増やす方向をベストと考えていたらしい^^

飼い主の気持ちを優先してくれる先生でよかった。
癌との闘いって、犬本人ももちろんだけど、飼い主もだもんね。

月曜日から抗がん剤増量決定!

って言っても、本来の量になっただけだけど。

25㎎にして、効いてくれたらいいなぁ~~
25㎎にして、副作用でなければいいなぁ~

   DSC_8076[1]




スポンサーサイト



テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

こてそら

Author:こてそら
2004年11月01日生
ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの
女の子【そら】です♪

お気に入りブログ♡
最近の記事♪
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
過去の記事♪